日本とブラジルOEMメーカーのお客様が、グルンドフォスのデンマーク本社を訪問し。

日本とブラジルOEMメーカーのお客様が、グルンドフォスのデンマーク本社を訪問し、グルンドフォスの生産設備を見学しました。

9月、グルンドフォスは日本とブラジルのOEMメーカーのお客様をグルンドフォスのデンマーク本社に招待しました。お客様は生産設備を見学し、ポール・デュー・イェンセン・アカデミーで開催されたプログラムにも出席しました。

参加メンバーの一人、高松機械工業株式会社の技術部 取締役部長 徳野 穣 様からは、「グルンドフォスの品質・グローバルな存在力については知っていますが、それを直近に感じられることができて良かったです」というご感想をいただきました。

「もしアメリカでポンプが故障したら、アメリカ国内で取り換えすることができる-これは私たちにとって非常にメリットのあることです。日本のポンプメーカーはそれができません。日本で生産される工作機械の70%が海外へ輸出されている今、アメリカや東南アジアにある拠点で、ポンプが故障して生産ラインが止まれば、お客様に迷惑がかかってしまいます。これが、グルンドフォスを選んだ理由のひとつです」

写真:2014年9月、日本とブラジルのお客様がデンマークのグルンドフォス本社の博物館を訪問しました。

close

める

250