アジア初の自動車セミナー

インドの「デトロイト」がグルンドフォスのイベントを主催

グルンドフォスは初めての自動車セミナーをインドのチェンナイで10月に開催しました。グルンドフォスからアジア地域における自動車スペシャリスト30名と自動車業界から招いたお客様40名が集まりアプリケーションおよびグルンドフォス製品の紹介と意見交換を行いました。4日間のセミナーが開催されたチェンナイは、自動車産業が集中していることから「東南アジアのデトロイト」と呼ばれています。

グルンドフォスは自動車事業に参入してからまだ日が浅いものの、プレス/溶接、マシニング加工、前処理/塗装から消火、水処理、水ブースティングといった用役関連のものまであらゆる用途に対応するフルラインの製品を業界に提供しています。

イベント終了後のフィードバックによると、お客様はグルンドフォスのポンプやエネルギーオーディットに強い興味を示しています。これらのオーディットサービスでは、グルンドフォスのスペシャリストが企業を訪問し、ポンプや関連システムを使用することで、どのようにエネルギーやコストの削減へつなげることができるかをチェックします。

 アジア初の自動車セミナー

セミナー参加者は主に、グルンドフォスにとって自動車業界が重要である理由、現在の営業パターンと将来の予測、そしてグルンドフォスがお客様に何を提供できるかを学びました。

本セミナーの詳細、あるいは貴方の地域で今後開催予定のセミナーについては、マシニングインダストリービジネスセンターまでお問い合わせください。

close

める

250