フィルター用途向け新型ポンプなら切粉も通過

ポンプとモーターの効率がアップしたグルンドフォスMTAシリーズが豊富なレンジで新登場

グルンドフォスがマシニングインダストリーの「ダーティーサイド」のニーズに対応。

当社はフィルターシステム用ポンプMTAシリーズを発売する。この単段浸漬型クーラントポンプは、最大10mmの研磨粒子や切粉を効率的に通過させることができる。MTAは、穴加工、切削、研削といった金属加工工程で使用・発生する液体を除去する。

事業開発マネージャーのケント クンデは、「これでマシンツールセンターの両側--クリーンサイドとダーティーサイド--のニーズを満たすことができる」と語る。

MTAの導入によるグルンドフォスの適用分野の拡大に関し、クンデはさらに次のように述べる:「工作機械関連では当社は既に市場のリーダーだが、これまでフィルターサイドの専用製品がなかった。今回の新シリーズの追加で、当社は業界で最も幅広く浸漬型ポンプ製品を提供することになる。これは当社のお客様に大きなメリットを提供するものだ。基本的に、あらゆるニーズが満たされるようになるのだから。」

レンジ


0から350l/minまでの流量、そして様々な浸漬深さに対応する
フルレンジの機種
を提供。標準の下吸込み型に加え、MTAでは高信頼性を保証する新型渦流防止板を備えた上吸込み型オプションも選択できる。

クンデは、「MTAのポンプ効率はトップレベルだ」と言う。さらに、最大サイズ(750w)の機種は、欧州の新しいEco-Design of Energy Using Products(エネルギー使用製品のエコデザイン:EuP)指令を含めた高効率モーター関連のあらゆる国際規格に対応している。

グルンドフォスは、MTAシリーズのアジアでの販売を 3月に開始する予定で、今年後半には欧州と米国での発売を予定している。

卓越したサービスに 感銘 東安エンジン

グルンドフォスは東南エンジンにポンプだけでなく安心感も与えました。良いサービスの重要性についてはこちらから。

詳細
close

める

250